血糖値が心配な方へ

医者

悪化するとどうなるか

糖尿病は名前の通り、尿から糖が出てくる病気です。しかし、それ自体はあまり問題ではありません。糖尿病にかかり、1番の問題になるのは様々な合併症を起こしやすい点です。治療を行わないで放置していると、合併症にかかる可能性があります。糖尿病が原因で起こる合併症は、腎臓病や網膜症、神経症等です。腎臓病は進行すると定期的に透析を受けなければなりません。神経症が悪化すると足が壊疽し、切断するケースもあります。そうなると、今までの日常生活が送れなくなってしまいます。糖尿病が完治することがありませんが、進行しないようにコントロールすることは可能です。そのために糖尿病は早期発見が重要です。自分に自覚症状がないか確認してみましょう。

自分でも気づける変化とは

糖尿病にはいくつかの自覚症状があります。まず喉の渇きです。高血糖が続くと、脳が脱水状態であると判断します。そのため喉が渇き水分を多くとるようになります。水分を多く取ると、尿も増えますのでトイレの回数も増えていきます。次に体のだるさを感じたり、疲れやすくなります。常にインスリンが不足すると、ブドウ糖が取り込めなくなり、エネルギーが不足します。血糖値が安定していないと現れる症状です。他にも糖尿病の症状があります。通常の食事をしていても、大幅な体重の増減があるときは注意が必要です。糖尿病にはこれらの自覚症状があります。しかし、症状に気づき受診する方は多くありません。糖尿病の可能性がある方は自分の健康状態を確認しておきましょう。

血糖値が気になる方へ

女性

糖尿病が悪化すると、目や腎臓の障害を起こしやすくなります。これ以上悪化させないように治療に取り組むのが大切です。人によって、食事内容や運動内容は大きく変わりますので、独断で決めずに医師の指示通りに治療を始めましょう。

血流のコントロール

男女

現代人に多い糖尿病は小岩の病院で治療可能です。色々な治療法を提案してくれるので、自分が無理なく続けられる治療法を選択するようにしましょう。しかし、身体の状況によっては利用できない治療法もあります。

期待されるがん治療

man

新しいがん治療として注目されているのが「NK細胞療法」と呼ばれる免疫療法です。正常な細胞を傷付けること無く、副作用も少なく、これまで広く行われてきたがん治療を併用することが出来るという特徴があります。