血糖値が気になる方へ

女性

食事、薬物、運動が基本

糖尿病の治療の基本は食事療法、薬物療法、運動療法の3つです。食事療法糖尿病には1型と2型があります。1型は先天性のものなので、今までの生活習慣は関係ありません。2型糖尿病は生活習慣が大きく関係しているので、この食事療法は重要です。日本人のほとんどがこの2型糖尿病と言われています。通常、食事をすると血糖値が上がり過ぎないように、膵臓からインスリンが出て血糖値を調節しています。しかし、食べ過ぎが続くとインスリンでは血糖値を調節し切れなくなるので、糖尿病になります。糖尿病は完治することはありませんので、治療をしながら糖尿病と付き合っていきましょう。糖尿病と診断されたら、個人に合わせたエネルギー量の食事をとります。

薬の服用には注意

薬物療法糖尿病の種類により、自分に合った薬を服用します。食事と運動の生活習慣を見直しても、血糖値の改善が見られない場合に薬での治療を開始します。医師の指示通りに服用しましょう。毎日、服用を続けないと血糖コントロールが難しくなり、治療が進みません。急激な低血糖や高血糖を引き起こし、意識障害を起こす可能性もあります。また、食事が食べられない時も注意が必要です。通常通りに薬を服用すると低血糖を起こす可能性があります。どのように対処すれば良いのか事前に確認しておきましょう。動療法定期的な運動も糖尿病治療に効果的です。医師と相談し、無理をせずに続けられる程度の運動を始めましょう。インスリンを効きやすくし、肥満解消にもなります。